子宮癌検診最前線


子宮癌検診最前線

子宮についての癌は、子宮頸癌と子宮体癌があり、子宮癌検診を受けることで発見できます。また、子宮筋腫や卵巣嚢腫などのほかの病気が発見される場合もあり、とても大事な検診です。
子宮癌検診を受けられる場所は、産婦人科のほか、地方自治体や保健所になります。自治体によっては、検査費用の補助を受けられる場合があります。職場の健康診断にふくまれる場合もあります。検査を受けるためには予約が必要が場合が多いので、生理の期間と重ならない日を予約します。また、妊娠している(その可能性がある)場合は予約時に伝えておきます。当日は、食事の制限はありません。
検査は、まずは問診から始まります。ここで医師から日常で気になる症状や、親族に子宮癌にかかった者がいるかどうかなどを質問されます。次に内診で、膣や子宮頸部を調べます。このとき、ヘラやブラシのような器具で細胞をとります。この細胞を調べるとヒトパピローマウイルスの感染などがわかります。これらの検査を経て結果が判明し、場合によっては精密検査をすることになります。

子宮癌検診について詳しく知ろう

子宮癌検診は子宮頸部や子宮体部、内膜などに癌が発生していないかを調べる検診です。子宮頸癌は初期の段階では自覚症状が現れにくいので自分では気がつきにくいものです。子宮癌検診では子宮頸癌、子宮体癌のほかにも子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫、卵巣癌などといった子宮や卵巣の病気を発見することができます。子宮頸癌の発症は20歳代から30歳代と若い世代に多く、子宮体癌は閉経後の40歳代から60歳代に多くみられます。また子宮筋腫は30歳代から50歳大の女性の5人に1人が発症するとされ、卵巣癌の場合には10歳代から高齢者に至るまで幅広い年代でみられるためどの世代の女性でも定期的に子宮癌検診を受診することで、いま現在の自分の健康状態を知り癌などの病気の早期発見、早期治療を行うことができます。生理ではないのに不正出血があったり、性行為の後に出血やおりものが気になる、閉経後にもかかわらず出血があるなどといった症状が見られるときには婦人科を受診するようにしましょう。