子宮癌検診でわかること


子宮癌検診でわかること

女性は子宮癌検診をある程度の年齢に達すると自治体などから検査の案内の連絡が来ます。子宮癌検診とは詳しく子宮頸がんと子宮体がんの検査があり、子宮頸がんは発症時期が20代から30代、子宮体がんは40代からと発症頻発時期が異なる為、子宮頸がんと子宮体がんの検診を両方受ける事もできますし、一部だけ受ける事も可能です。
子宮癌検診でわかることは頸部の細胞を綿棒等で採取して細胞自体に異形成を起こしていないか検査機関に調べます。異形成がある事によって将来がん化する疑わしい細胞を事前に発見する事が可能となります。また、経腟超音波検査では子宮内を超音波で診る事に事によって子宮頸がんや子宮体がん、筋腫の有無や卵巣の病気まで診る事が可能になります。
子宮癌検は検査機関に検査依頼をした後に検査結果をもとに異常がある場合と判断された場合には改めて疑わしい細胞を採取して生検に提出するなどしてさらに詳しい精密検査をする事になります。

子宮癌検診後の出血について

子宮癌検診を受けた後に、出血して不安になってしまうというケースがみられます。子宮癌検診では、子宮の入り口付近を調べる子宮頸癌検診と、子宮の奥を調べる子宮体癌検診があります。子宮頸癌の検査でも、びらんなどがある人は、綿棒などで細胞を採った時に出血しやすくなります。子宮体癌は、子宮の奥の細胞を、金属の棒などを入れて採取することがあるため、検査後に出血しやすくなります。子宮癌検診を受けた後にそのようなことがあると、自分は何か悪い病気なのではないかと心配になる気持ちはよくわかります。しかし、子宮癌検診で細胞を採取した時の刺激でもそういうことがあると理解していれば、不安も軽減されます。ただし、少しの量、血液が出ているのなら良いのですが、あまりにも血液の量が多かったり、数日~数週間血液が止まらないといった場合には、何らかの異常が起きている可能性がありますので、そういった場合には病院で診察を受けた方が良いでしょう。

 

子宮の検査の予約をするならこのサイト